概要

小倉尚人は1944~2009年の激動の時代を、無名のまま生き抜いた画師です。

本展覧会では、小倉の代表作と言える「胎蔵界曼荼羅」および「金剛界曼荼羅」の計18点を一堂に初公開するほか、寺院に奉納していた佛画の数々を紹介いたします。

信念を貫いて生きた“隠遁の画師”の深遠なる世界を存分にご鑑賞ください。


プレ写真展

2019/5/30(木) ~ 6/2(日)
10~17時
青松寺
東京都港区愛宕2-4-7

最終日6/2(日)のみ午後3時で閉館

その後対談「小倉尚人の宇宙」15~17時(予約制)
※定員になり次第締切


本展覧会

2019年10月6日 ~ 2020年1月14日
東御市梅野記念絵画館
長野県東御市八重原935-1芸術むら公園


参考資料

小倉尚人の求道 : 残された曼荼羅・仏画が教えることは
表現学部紀要 – 江渡英之